光回線はキャッシュバック付きがおすすめ!注意点すべきポイントとは | 格安sim・運転免許合宿比較なび

光回線はキャッシュバック付きがおすすめ!注意点すべきポイントとは

現在確認されている光回線は200社以上あると言われています。光回線を契約すると様々なキャッシュバックを受けることができるのですが、内容は契約する光回線によって様々。どのようなキャッシュバックがあるのか知りたいと思っている人も中に入るのではないでしょうか。ということでこの記事では、光回線のキャッシュバックについて詳しく紹介します。キャッシュバックの受け取り時期やキャッシュバックが人気のおすすめ光回線、またキャッシュバックに関する注意点をまとめました。ぜひ、ご覧ください。

光回線契約はキャッシュバック付きがおすすめ

光回線の契約には、様々な特典が付いています。スマホとのセット割で月々の料金が安くなるプランや、無料で最新のWi-Fiルーターをレンタルできるもの、乗り換えの際に解約嫌菌を全額保証してくれるところなど、選ぶ光回線によってお得度が異なるのです。このように色々な特典がある中で、やはり一番人気は「キャッシュバック」。数万円という高額な設定を設けている光回線も少なくありません。では、キャッシュバックにはどのようなものがあるのか。詳しく見ていきましょう。

光回線キャッシュバックは2通り

光回線で実施しているキャッシュバックは2通りあります。その2通りをここでそれぞれ紹介します。

公式キャンペーン

一つ目は、公式キャンペーンです。公式キャンペーンは、光回線の公式ホームページから契約をするもの。公式ということで信頼度があり様々な特典を用意してはいますが、実は、代理店と比べるとキャッシュバックを行っている光回線は少ないです。

代理店のキャンペーンサイト

もう一つは、代理店のキャンペーンサイトです。多くの光回線代理店ではキャッシュバックを実施しています。貰えるキャッシュバック金額も数万円単位。もちろん、選ぶ光回線によって金額は異なりますが、公式で契約するよりも、はるかにキャッシュバックが受けられる確率が高いです。

光回線のキャッシュバックはいつ受け取れる?

では、光回線のキャッシュバックはいつ受け取ることができるのでしょうか。これも契約した光回線によって異なりますが、電話やメール対応のところであれば、すぐに振込口座を指定することができるため、手続きとしては楽です。一方書類を送付される場合は、一度必要事項を記入して返信する必要があるため、その分手間もかかり確認をするまでに時間もかかります。支払い時期は、光回線開通後の6ヶ月後や1年というところもあります。決められた期間内に申請をしなければ、支払い期限が過ぎているとみなされ、キャッシュバックを受けることができなくなってしまいます。そのため、契約する際に、キャッシュバックがいつ受け取れるのか、確認をしておきましょう。

一番高額なキャッシュバックの光回線

ここで、一番高額なキャッシュバックを提供している光回線を紹介します。

コミュファ光

多数ある光回線の中でも一番高額なキャッシュバックを提供しているのは「コミュファ光」です。コミュファ光のキャッシュバック額は、他社からの乗り換えで94,000円。違約金が発生しても最大で40,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。キャッシュバック以外にも、戸建ての月額料金は3,640円、マンションの月額料金は5,250円とかなり激安。顧客満足度も1位を獲得しています。ですが残念なことに、このコミュファ光は東海地方限定の光回線。そのため、東海地方に住んでいない限り利用することはできないのです。

その他のおすすめキャッシュバック光回線

一番高額なキャッシュバックを受けられる光回線を紹介しましたが、皆さん、まだ諦めてはいけません。上記の金額よりは低くなるキャッシュバックではありますが、まだまだ「高額」と言える光回線はあります。ここで、光回線の中でもキャッシュバックで人気を集めているおすすめの光回線を紹介します。

nuro光

まずは、nuro光です。nuro光のキャッシュバック金額は45,000円。月額料金も4,743円と安い設定料金です。この料金は、プロバイダ、セキュリティーソフト、Wi-Fiルーターなどのオプションを含めた金額です。また、nuro光の凄さは、料金だけではありません。通信速度も世界最速の2Gbps。超高速のため回線が混雑する時間帯であっても、サクサクと動画を楽しむことができます。ただし、残念なことにこのnuro光もエリア限定。現在利用できるエリアは、関東、東海、関西、九州の一部地域です。ですが、徐々にエリアを拡大していますので、現在自分が済んでいるエリアでも利用可能となる日が近いかもしれません。

au光

続いては、au光です。au光はその名の通り、auユーザーにおすすめの光回線。キャッシュバック金額は最大52,000円です。このキャッシュバックは、代理店NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトからの申し込みで適用されます。また、au光の月額料金プランは他社と少し異なっており、戸建てタイプだと、1年目5,100円、2年目5,000円、3年目以降4,900円というように低くなっていくのが特徴です。因みにこれは戸建てタイプにのみ適用されるプラン。マンションタイプは月額料金3,800円となっています。キャッシュバック以外にも、auのスマホセット割や工事費無料、違約金負担キャンペーンなど特典が盛りだくさん。auユーザーであれば、一番選んでほしい光回線です。

ソフトバンク光

続いては、ソフトバンク光です。ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線。代理店エヌズカンパニーのキャンペーンサイトから申し込めば、最大33,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。また、ソフトバンクユーザーであれば、毎月最大1,000円の割引があり、家族のソフトバンク携帯の分も一緒にお得になります。フレッツ光の回線はそのまま利用できるため、今現在フレッツ光を利用している人は乗り換える際の工事が必要なし。その他にも、工事費無料や違約金負担キャンペーンなど利用しやすいキャンペーンが充実。ソフトバンクユーザーであれば、損はしません。

光回線キャッシュバックの注意点

それでは最後に、光回線キャッシュバックの注意点について紹介します。

最大○○円キャッシュバック

まず一つ目は、最大○○円キャッシュバックに気を付けるということです。ここまで各回線のキャッシュバック金額について紹介してきましたが、紹介してきた金額でもかなり高額であるということは間違いありません。ですが、これ以上の高額な金額を打ち出し、キャッシュバックをプレゼントする代わりに、必要のないオプションをつけられたり、毎月の支払いが1万円を超えるなど、それなりの理由が隠れているかもしれません。最大数万円受け取ることができるからと言って、安心してすぐに申し込まないでください。申し込むとすれば、大手の光回線から選ぶ方が安心です。

案内メール

続いては、案内メールです。多くの場合、光回線のキャッシュバックを受け取るには各光回線事業者から届く案内メールに従って手続きをする必要があります。しかし、中には一見キャッシュバックの案内だとはわからないようなメールの送り方をしてくる場合もあります。また、プロバイダから付与されているメールアドレス宛に送られてくることも多いため、普段あまり使わないために、見逃してしまう可能性も。プロバイダメールを普段からあまり使わない人は、普段使っているメールアドレスに転送設定を行うなど、対策をしておきましょう。

受け取り時期

続いては、受け取り時期です。上記でも述べたように、キャッシュバックの受け取り時期は、契約する光回線によって異なります。場合によっては、受け取りまでに1年間以上かかってしまう、受け取れる時期が遅すぎると、受け取り忘れることも。出来るだけ早めにキャッシュバックを受け取りたい方は、早めにキャッシュバックをプレゼントしてくれる光回線を選びましょう。

キャッシュバック条件

続いては、キャッシュバック条件です。キャッシュバックの中には、プレゼントする代わりにオプションを追加するなど、条件が付けられている場合があります。必要のないオプションを付けたことが原因で月額料金が高くなってしまっては、キャッシュバックをもらう意味がありません。そうならないために、キャッシュバックの金額だけでなく、条件も確認しておくことが必要です。

即日申し込み

続いては、即日申し込みです。即日申し込みは、窓口に問い合わせをしたらその場で申し込みしなければいけないという意味です。この即日申し込みを行っている光回線は少ないですが、あまり信用できる光回線ではありません。

受け取り前の解約

続いては、受け取り前の解約です。引っ越しなどでどうしてもキャッシュバックを受け取る前に解約をしなければいけない状況となった場合、キャッシュバックは受け取ることができません。そのため、もし引っ越し時期が前もって分かっているのであれば、キャッシュバックをもらえる時期か、そうでない時期なのかを把握して契約することをおすすめします。

【まとめ】光回線はキャッシュバックでお得になる

光回線のキャッシュバックについて紹介しました。キャッシュバックはユーザーにとってお得となる内容ではありますが、受け取り時期が光回線によって異なるため、リスクも負います。いくら高額なキャッシュバックが受けられるからと言って簡単に契約するのはご法度。きちんと信頼できる光回線を見極めるのも大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。