速度の速い光回線はどれ?速度が遅くなる原因と改善方法も併せて紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

速度の速い光回線はどれ?速度が遅くなる原因と改善方法も併せて紹介

現在利用している光回線の速度が遅くて困っている人はいませんか?光回線には様々な種類が、通信速度も異なります。そんな光回線はどこが最速であるのかについて、この記事では紹介。通信速度が遅くなる原因や改善方法も載せています。ぜひ、参考にして通信速度の速い光回線への乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。

光回線の速度とは?

光回線の速度とは、ネット上にあるデータを読み込むスピードのこと。速度が速ければ速いほど、検索ページの表示が速くなったり、動画も途中で止まらず観れるなど、快適にインターネットが使うことができます。因みに、光回線の速度は「Mbps」や「Gbps」といった数字で表されます。

光回線の速度は2種類

光回線の速度には2種類あります。その2種類についてここで紹介します。

上り

上りは、アップロードの速度で動画や画像を上げるときに必要になる速度のことです。上りの速度が速ければ速いほど、大きいデータも時間をかけずにインターネットへアップすることができるのです。

下り

下りは、webページや画像、動画などを読み込みこむときに必要なダウンロードの速度のことを言います。下りの速度が速ければ速いほど、容量の大きいファイルや画像、動画をすぐに読み込むことができます。インターネットを使用している人の多くは、検索や動画を観ることをメインとしてことが多いため、そのような人は、基本的に下りの速度がどれくらになるのかを重視して選んだ方が分かりやすいです。

光回線の速度はどれくらい?

光回線の最大通信速度は1Gbpsのものがほとんどです。が、中には最大上下2Gbpsや10Gbpsと言ったものも存在。どれを選んだとしても、動画やオンラインゲームなどほとんど支障なく利用できる速さです。

速度の速い光回線の選び方

ではここで、速度の速い光回線の選び方について紹介します。

平均速度の速さ

まずは、平均速度の速さです。光回線の最大速度はどれを比較してもほとんど変わらないため、最大速度ではなく、実際に測った平均速度の速さで選ぶことが重要となります。平均速度とは、実際に光回線を契約している人が戸建やマンション、朝や夜など、色んな状況で計測した結果を集めたもの。平均速度が速ければ、建物や利用時間などに関係なく、速い速度でインターネットが使える光回線と言えます。

ネットの混雑具合

続いては、ネットの混雑具合です。光回線でインターネットに接続する際、用いられる接続方式が「IPv6」または「IPv4」。IPv4の接続方式では、インターネットを利用者が増えた時に回線が混雑しやすくなります。一方のIPv6は、利用者が増えても混雑が起きにくい接続方式になっているため、速度が落ちません。そのため、IPv6接続方式をとっている光回線を選ぶ方が得策と言えます。

Wi-Fiルーターの最大速度

続いては、Wi-Fiルーターの最大速度です。Wi-Fiルーターにも、光回線と同じように最大速度があります。契約する回線によってレンタルできるルーターの速度は異なります。例えば、光回線の最大速度が1Gbpsであっても、繋いでいるWi-Fiルーターの最大速度が800Mbpsであれば、Wi-Fiでインターネットを使っても最大で800Mbpsしか速度を出すことができません。そのため、Wi-Fiルーターを接続する場合は、Wi-Fiルーター自体の速さも重要となるのです。

光回線が遅くなる原因

では、なぜ光回線は遅くなるのか。その原因についてここで紹介します。

LANケーブルの規格が高速通信に対応していない

一つ目の原因は、LANケーブルの規格が高速通信に対応していないということです。家電量販店などで販売されているLANケーブルには「規格」というものが存在します。この規格によっては高速通信に対応していない場合があり、光回線の速度を生かしきることができません。そのことが原因で、通信が遅くなってしまうのです。

通信障害が起きている

二つ目の原因は、通信障害が起きているということです。これは、光回線やプロバイダが何らかの原因により通信障害が置き、インターネットの回線に支障をきたしている状態です。この場合は、ただ通信の改善を待つ事しか対処方法がありません。

回線が混雑している

三つ目の原因は、回線が混雑しているということです。これは例えばマンションの場合、同じ光回線を住人皆で利用します。利用者が多ければ多いほど、回線が混雑し通信が遅くなるというわけです。また、一戸建てであっても住んでいる地域によっては、多くの方が同じ時間に利用している場合、通信が混雑し速度が遅くなります。

光回線の速度を改善する方法

光回線の通信速度が落ちる原因について紹介したところで、ここではその改善方法について紹介します。

LANケーブルを改善する

一つ目の改善方法は、LANケーブルと改善するということです。上記でも述べたように利用しているLANケーブルによって通信速度が落ちてしまう場合があります。それを改善するためには、高速通信のLANケーブルに取り替えることが一番手っ取り早いです。

無線環境を改善する

二つ目の改善方法は、無線環境を改善するということです。通信速度が落ちる原因として、接続機器の問題が関与しているかもしれません。一度全ての接続機器の電源を落として、しばらく待ち、再度電源を入れてみましょう。そうすることで改善することがあります。

利用している端末を改善する

三つ目の改善方法は、利用している端末を改善するということです。これは、パソコンやタブレットなどの端末の電源を上記の無線環境と同じように一度落とし、再度電源を入れなおす方法です。もし、電源を落としても改善しいのであれば、端末内部に問題があるかもしれません。設定内容を確認してみましょう。

プロバイダを見直す

四つ目の改善方法は、プロバイダを見直すということです。もしかするとプロバイダ自体に問題が起きているかもしれません。そのため、契約先のプロバイダへ問い合わせをして確認することをおすすめします。

光回線のプランや回線を見直す

五つ目の改善方法は、光回線のプランや回線を見直すということです。光回線は、それぞれ利用できるエリアが決められています。そのため、回線が対象地域でない限り利用することはできません。また、プランよって通信速度を安定させるIPv6が対応していないものもあります。そのような場合には、自分が契約している光回線のプランや回線をもう一度見直してみましょう。

速度が速いおすすめの光回線

それでは最後に、速度が速いおすすめの光回線を紹介します。

nuro光

nuro光は、世界最速の通信速度を誇る光回線です。最大速度は上下2Gbps。プランによっては、最大速度上下6Gbps、最大速度上下10Gbpsと言ったものもあります。これは、圧倒的な速さ。平均速度も247Mbpsで、全国平均よりも100Mbps以上速いです。もちろんIpv6対応でWi-Fiルーターも無料レンタルできるため、購入の必要もありません。早さで選ぶなら、nuro光は外せません。ただ残念なことに、このnuro光が利用できるエリアは、関東・関西・東北・九州の一部地域のみ。現在エリアを拡大中とのことですので、今エリア外となっている地域でも利用できる日が近いかもしれません。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーに最もおすすめな光回線です。IPv6に対応しているため通信速度も落ちません。また、レンタルできるWi-Fiルーターも最新のものであるため、速度も速く、快適にインターネットを楽しむことができます。

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。ドコモのスマホを利用している人であれば、「セット割」が適用され、月々のスマホ代が安くなります。このセット割は、プランによって金額が異なり、シェアパックのデータサイズが大きいほど割引額が大きくなります。また、ドコモ光でも、高速通信が安定して利用できるIPv6インターネット接続機能「IPv6通信」「IPv4 over IPv6通信」に対応しています。さらに、「GMOとくとくBB」経由で契約をすると、最大20,000円のキャッシュバックを進呈。特典の数が多いのもおすすめする理由の一つです。

S0-net光

So-net光は、平均速度が227Mbps。こちらもnuro光同様、全国平均よりも速度が速いです。さらにSo-net光は、月額料金も数ある光回線の中でトップクラスの安さを誇ります。まさに、安さと速さの両方を兼ね備えた優秀な回線。乗り換え先に打ってつけです。さらに、auスマホとセット割でさらにお得にインターネットが使えるため、auユーザーであれば文句なしで利用することができるでしょう。

【まとめ】通信速度の速い光回線でネットをより快適に

通信速度の速い光回線について紹介しました。光回線はどれを選んでも通信速度にはあまりさはないですが、利用している環境やWi-Fiルーターなどによって、速度が落ちてしまう場合があります。ですが、改善する方法はいくつもありますので、通信速度が遅くなった場合は、今回紹介した改善方法を試してみるのもおすすめです。ぜひ、通信速度の速い光回線で、快適なインターネット生活を楽しんで下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。