光回線の契約はどんな流れ?契約前に知っておくべきポイントも併せて紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

光回線の契約はどんな流れ?契約前に知っておくべきポイントも併せて紹介

光回線の契約を考えている方はいませんか?光回線はどのようにして契約をするのか。不安なため、契約を迷っている方も少なくないと思います。そこで、この記事では、光回線の契約について徹底解説。契約前に知っておくべきポイントも併せて紹介します。ぜひ、参考にして、光回線の契約を考えてみてはいかがでしょう。

光回線はどう契約する?


光回線はどのように契約をするのか。スマホを契約する際は、店舗を訪れて契約を行いますが、光回線の場合、実店舗がない場合もあります。その場合は、電話やメール、若しくは公式ホームページや代理店となりますが、契約方法によって、受けることができるキャンペーンや特典などが異なるのも事実。では、一体どのようにして契約をすれば良いのか。初心者の方でも失敗しないよう、分かりやすくまとめました。

光回線契約に必要なのは?

まずは、光回線契約に必要となるものについて説明します。

回線

光回線契約に必要なもの一つ目は、回線です。回線とは、通信を行うケーブルのこと。光回線では、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで利用するわけですが、ケーブルを引き込むということは工事が必要となる事を意味します。工事は、新規申し込みの場合または、光回線自体を乗り換える場合に実施され、2~4万円ほどの工事費がかかります。

プロバイダ

光回線契約に必要なもの二つ目は、プロバイダです。プロバイダは、それぞれのインターネット接続の管理を行う業者のこと。インターネットを接続するためにはIPアドレスというものが必要となります。IPアドレスとはいわばインターネット上の住所のようなもの。このIPアドレスを管理しているのがプロバイダということです。

【契約する前に!】光回線の選び方

ではここで、光回線の選び方について紹介します。

適用エリアであるか

まずは、契約する光回線が自分が住んでいるエリアに適用しているかどうかを確認しましょう。もし、契約した後に適用していないエリアであるとわかった場合は利用することができません。

速度が速い回線であるか

次に、速度が速い回線であるかどうかを確認します。インターネットにとって速度は非常に重要です。好きな動画を見ている際、途中で止まってしまったり、消えたりしてしまうと残念な気持ちになってしまいませんか?また、通信が遅すぎてイライラしてしまった経験があるという方も少なくないはずです。そのようなことをなるべく避けるために、通信速度はきちんと確認しておきましょう。

キャンペーンなどの適用はあるか

次は、キャンペーンなどの適用があるかどうかです。プロバイダでは様々な独自キャンペーンを多彩に行っています。キャンペーンがあれば月々の料金が安くなったり、キャッシュバックによって工事費が戻ってくるなどお得が満載。キャンペーンがなければ全て自腹で、無駄に支払うことになりかねません。

料金は安いか

最後に確認するのは、料金が安いかどうかです。料金設定は、各光回線、各プロバイダによって異なります。色々と比較をして、できるだけ安く利用できるところを探すのはとても大切なこと。何故なら光回線の最低契約期間は2~3年ほどがほとんどです。契約期間が長いと、その分、損をするか得をするかが変わってきます。そのため、契約期間を元にどれだけお得になるかを考えて契約をしましょう。

光回線契約前のチェックポイント

ここでは、光回線契約前のチェックポイントを紹介します。

自動更新の有無

一つ目は、自動更新の有無です。自動更新はないより合った方が、契約をし直さなくても済むため便利です。ですが、更新月以外に解約をすると解約金が発生してしまうリスクがあります。

プロバイダの特徴を把握

二つ目は、プロバイダの特徴を把握しておくことです。プロバイダそれぞれ特徴は異なります。料金を格安で提供してくれるところもあれば、通信速度に力を入れているところもありますし、キャンペーンの数が豊富なところもあります。そのため自分が何を基準で選ぶのかを念頭に、比較してみましょう。

契約期間や解約金の有無

三つ目は、契約期間や解約金の有無です。契約期間は上記でも述べたように2~3年が一般的です。が、中には5年の長期契約のところもあります。また、解約金が発生するところや、発生しないところもありますし、乗り換えの際に解約金を負担してくれるところもあります。解約金が発生しない、または負担してくれるところを選べば、乗り換えも楽です。

初期費用

四つ目は、初期費用です。光回線を契約する際には、工事費や事務手数料など様々な初期費用がかかります。これらを抑えるためには、やはりキャンペーンなどの特典しかありません。ですが、特典内容が豪華であればあるほど、何かしらの条件が付いている場合があります。それによって月額料金を上げてしまう可能性もあるため、きちんと確認しましょう。

光回線の契約方法は3つ

光回線の契約には、3つの方法があります。その3つというのは「店頭申し込み」「電話申し込み」「インターネット申し込み」。それぞれ特徴はありますが、お得かどうかで選ぶのであれば、インターネット申し込みがおすすめ。何故なら、インターネットで申し込んだ時だけに適用されるキャンペーンがあるからです。

光回線契約から開通までの流れ

ではここで、光回線契約から開通までの流れを簡単に紹介します。

①乗り換え先の光回線業者へ申し込む

まずは、希望する光回線を選んで、乗り換え先の光回線業者へ申し込みを行います。

➁回線工事日を決定する

申し込みが済んだら、業者からの連絡を待ち、回線工事日を決定します。

③回線工事を実施する

回線工事日になると開通工事が始まります。この回線工事には立ち会いが必要となりますので、当日は自宅で待機しておきましょう。

④現在利用中の光回線を解約する

開通工事が完了したら、今まで利用していた光回線を解約します。また、光回線とは別でプロバイダに契約している場合は、忘れずにプロバイダの解約も行います。

➄接続設定をする

最後に、インターネットを接続し、必要な設定を行います。

光回線契約の注意点

ではここで、光回線契約の注意点を紹介します。

契約手続きは引っ越しが決まったらすぐ

注意点一つ目は、契約手続きは引っ越しが決まったらすぐに行うことです。開通工事を申し込んだ場合、すぐに実施してくれる保証があるというわけではありません。インターネットを引っ越し先でできるだけ早く使いたいのであれば、引っ越しする2~3週間前には手続きを開始させておきましょう。

工事の予約はすぐに取れるとは限らない

注意点二つ目は、工事の予約はすぐに取れるとは限らないということです。工事の予約は、時期や混雑具合によって異なりますが、早くて2週間、遅くて2ヶ月ほどかかる場合もあります。そのため、予約が遅れると、その分インターネットが開始できる日も遅くなるのです。

接続機器が配達される場合もある

注意点三つ目は、接続機器が配達される場合もあるということです。光回線業者と契約した後、モデムやホームゲートウェイなど、インターネット接続に必要なレンタル機器が宅配便などで送られてくることがあります。これらのレンタル機器は、発送手続きに数日かかってしまうことがあるため、申し込んですぐに受け取れるとは限りません。そうなると、いつからインターネットが利用できるかも分からなくなります。

契約におすすめの光回線

それでは最後に、契約におすすめの光回線について紹介します。

nuro光

nuro光は、下り最大2Gbpsの超高速通信が特徴の光回線です。その速度は世界最高速度。ソフトバンクユーザーであれば、スマホ料金が割引になる「おうち割」が適用され、さらにお得に。また、最大45,00円のキャッシュバックや初期工事費無料、開通月の月額料金無料など、お得な特典が満載。初めて光回線を利用する方におすすめです。

au光

au光は、auユーザーにおすすめの光回線です。auスマホを利用しているのであれば、月額料金が最大2,000円割り引かれる「auスマートバリュー」が適用されます。キャッシュバック額は最大で52,000円。その他にも、乗り換え時の解約違約金が最大30,000円補填されたり、初期工事費用実質無料になるなど、乗り換えやすいというのもポイントです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線です。nuro光同様、ソフトバンク光でも「おうち割」が適用されます。さらに、乗り換え時の解約違約金が最大100,000円補填。キャッシュバックも最大で30,000円受け取ることができます。

【まとめ】光回線の契約は自分に合ったプロバイダを

光回線の契約について紹介しました。光回線は契約の方法によって、受けることができるキャッシュバック額や特典の内容が異なります。また、選ぶプロバイダによって、料金や通信速度もことなります。どれを基準にするかは自分次第ではありますが、色々と比較したうえで選ぶことが何よりも大切。もし特徴などを見ても判断できない場合は、口コミなどを参考にするのもおすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。