光回線はどうすれば安くなる?価格を下げて契約するコツを紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

光回線はどうすれば安くなる?価格を下げて契約するコツを紹介

現在利用している光回線の価格が高いと感じたことはありませんか?光回線は安さが売りのインターネットサービスであるのも関わらず、価格が高いとあっては何だか損した気分になります。そんな光回線の価格でお困りの方に、この記事ででは価格を下げて契約をするコツについて紹介します。どのように契約をすれば価格を下げることができるのか。興味のある方は、ぜひ、チェックしてみてください。

価格の安い光回線はどこ?

光回線の種類は豊富にあります。数が多すぎるため、どの光回線が安いのかを見つけるのは大変なこと。では、どのようにすれば、価格の安い光回線を見つけ出すことができるのか。その秘密は、次で説明する光回線の価格に関する3つの要素にあります。

光回線の価格に関する3つの要素

ではここで、光回線の価格に関する3つの要素について説明します。

回線使用料

一つ目は、回線利用料です。回線利用料はインターネットを繋ぐために必要となる料金のこと。これには特徴があり、一戸建ての場合は専用に回線を引くことになるため料金が高くなります。逆に、マンションなどでは一つの回線を複数の人で分けて利用するため、料金が安くなるのです。

プロバイダ

二つ目は、プロバイダ料です。光回線の場合、インターネットを利用する際は、回線だけでなくプロバイダも必要となります。これは、契約するプロバイダによって料金は異なりますが、安く抑えたいのであれば、回線とプロバイダを別々に契約するのではなく、パックとして契約する方がおすすめです。

工事費

三つ目は、工事費です。光回線は、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで利用します。そのため、新規契約若しくは光回線自体を乗り換える場合は、工事が必要。工事費は、大体2~4万円ほどかかり、2~3年ほどかけて分割で支払います。

光回線を安い価格で契約するコツ

ではここで、光回線を安い価格で契約するコツについて紹介します。

今の回線から「転用」や「事業者変更」できないか確認する

まずは、今の回線から「転用」や「事業者変更」できないか確認するということです。転用や事業者変更によって乗り換えると、乗り換え先で利用する光回線がそのまま利用できる状態のため、工事の必要がありません。その結果、工事費が節約できることになります。ただし、ここで気を付けたいのが、事業者変更の場合、更新月でないと解約金が発生してしまいます。もし、事業者変更で乗り換えの場合は、更新月を確認しておきましょう。

工事費が無料になる光回線を選ぶ

次は、工事費が無料になる光回線を選ぶという方法です。光回線の中には、工事費が無料となるキャンペーンを行っているプロバイダがあります。また、乗り換え前の工事費を負担してくれるプロバイダもあります。それらのプロバイダと契約をすることで、無駄な工事費を支払う必要がなくなるのです。

スマホとセット割できる光回線を選ぶ

続いては、スマホとセット割できる光回線を選ぶ方法です。スマホとセットにすることで、月々のスマホ料金が割引されます。一度に割引される金額は1,000~2,000円ほどではありますが、それが何カ月も続くとなるとかなりお得です。。

正規代理店経由で契約する

続いては、正規代理店経由で契約をするということです。光回線は、公式と代理店の2パターンで契約できます。が、どちらがお得に契約できるかというと、答えは代理店。何故なら、代理店経由で契約をすれば、高額なキャッシュバックを受けることができるからです。キャッシュバックの金額が高ければ高いほど、お得度も上がります。

ルーターはレンタルより購入を選ぶ

続いては、ルーターはレンタルより購入を選ぶということです。ルーターがレンタルできるプロバイダはたくさんあります。無料レンタルであれば問題ないのですが、中には有料でレンタルできるところがあるのも事実。レンタル料金は有料で月額750円ほどです。一年利用すれば9,000円。ですが、購入であれば5,000円ほどで購入できるため、レンタルよりも購入をした方がお得ということになります。

ホームルーターも一緒に契約する

続いては、モームルーターも一緒に契約するということです。これはマンション住まいの方におすすめの方法。個人でマンションに光回線を導入するには、工事のため大家さん許可が必要になったりするほか、マンション全体の光回線を乗り換えるなら、他の住民の同意も必要となります。これはかなり面倒な作業。これらの作業を省くために、コンセントに差し込むだけでインターネット環境が作れる「ホームルーター」が良いというわけです。マンションはこだてに比べると回線が混雑しがちです。その混雑を防ぐために、ホームルーターを契約しておいた方がいでしょう。

光回線の価格相場はどのくらい?

では、気になる光回線の価格相場はどのくらいなのでしょうか。平均的な価格は、戸建てタイプで5,300円、マンションタイプで4,200円が相場だと言われています。この相場を基準委考えると、自分が今契約している光回線が高いのか、安いのかを簡単に比較できます。

利用中の光回線価格を下げるポイント

ではここで、利用中の光回線価格を下げるポイントを紹介します。

今の会社から出来れば変えない

一つ目のポイントは、今の会社からできれば変えないということです。光回線の中には、長く利用すればするほど料金が安くなるものもあります。また、会社を変えなければ、途中解約で支払う解約金も必要ありません。

オプションを外す

二つ目のポイントは、オプションを外すということです。現在契約している光回線の中で、あまり利用しないにも関わらず、有料なオプションを付けていませんか。有料オプションは解除しない限り払い続けていくものです。利用しないのであればすぐに解除した方が安くなるのは当たり前。今一度、オプションを見直してみましょう。

プランを見直す

三つ目のポイントは、プランの見直しです。こちらも上記のオプションと同じ考えのように、今契約している光回線が相場よりも高いの低いのかを見直すということです。もし高いのであれば、乗り換えを検討してみましょう。

プロバイダだけでも変更する

四つ目のポイントはプロバイダだけでも変更するということです。回線とプロバイダは契約先が別です。そのためプロバイダのみを変更することも可能。他社と比較して高いのであれば、安い方に切り替えるのも得策です。

他社のインターネットに乗り換える

四つ目のポイントは、他社のインターネットに乗り換えるということです。光回線の中には、乗り換えキャンペーンを行っているところがたくさんあります。内容としては、解約金や工事費の肩代わりが多く、気軽に乗り換えができます。また、乗り換えることによってさらに安くなる可能性もあります。

大手キャリアのスマホ利用者におすすめの価格が安い光回線

ではここで、価格の安い光回線を紹介します。まずは、大手キャリアのスマホを利用している人におすすめの光回線です。

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。ドコモ光は、スマホのセット割と他の割引を併用できたり、dポイントのキャッシュバック、15,000円相当の新型ルーターを無料で使えるなどサービスが豊富。プロバイダの数も多いため、選択肢も増えます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線です。月額料金は、相場とあまり差はないですが、スマホとのセット割価格が大きく、トータルで考えると安く利用できます。また、キャンペーンをうまく選べば、オプションを一切付けることなく最大で46,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

au光

au光は、auユーザーにおすすめの光回線です。セット割の割引額が他社よりも高く、月額料金も相場よりは安め。代理店で契約を行えば、「公式キャンペーン」「プロバイダキャンペーン」「代理店のオリジナルキャンペーン」全てを受け取ることができます。

大手キャリアのスマホ以外の方におすすめの価格の安い光回線

ここからは、大手キャリア以外のスマホを利用している方におすすめの光回線を紹介します。

DMM光

DMM光は、業界トップクラスの低料金と混雑の少ない快適な通信が特徴の光回線です。格安スマホのDMMmobileを使えば、さらに500円料金が下がります。工事費無料や初月無料など特典も満載となっています。

nuro光

nuro光は、世界最速の通信速度を誇る光回線です。下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsに対応しています。また、戸建てタイプは月額4,743円、マンションタイプは1,900円~利用でき、相場よりかなり安め。ソフトバンクのスマホを利用している人であれば、スマホ割も適用されます。ただし、利用できるエリアが限られているため、事前に確認する必要があります。

【まとめ】格安価格で光回線を利用するならプランの見直しを

価格の安い光回線について紹介しました。格安で光回線を選ぶのであれば、料金の相場を知ることが大切です。また現在の価格よりも料金の値下げを望むのであれば、プランの見直しが大事。ぜひ、今回紹介したコツを参考に、光回線の価格を見直してみてはいかがでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。