光回線の格安(安い)はどこ?選び方やさらに安くする方法を紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

光回線の格安(安い)はどこ?選び方やさらに安くする方法を紹介

光回線は数が多く、選び方に迷っている人も少なくありません。そこでこの記事では、光回線について紹介します。ですが、ただの光回線ではありません。注目したのは、格安(安い)光回線です。もとも格安(安い)光回線をさらに安くする方法や乗り換えの手順などについてまとめました。光回線の選び方で迷っているから、また、格安(安い)の光回線を探している方は、ぜひご覧ください。

格安(安い)な光回線はどれ?

格安な(安い)光回線にどのようなものがあるのでしょうか。光回線にはプロバイダが必要となります。このプロバイダは、現在確認されているだけでも200社以上あるとされており、自由に選択できるということで、利用者も急増中。あまりの数の多さに、プロバイダ間でも価格競争が起きているほどです。このプロバイダは契約する光回線によって選べる種類が異なります。組み合わせ次第によっては、価格に大きな差が生まれるのも光回線の特徴。これらを考慮したうえで、光回線を選んでいきましょう。

光回線の格安(安い)を左右する3つの料金

ではここで、光回線の格安(安い)を左右する3つの料金について紹介します。

回線使用料

まずは、回線使用料です。回線使用料はネットを繋ぐにかかる料金。戸建ての場合は、専用の光回線を引くことになるため料金が高くなり、反対にマンションなどでは一つの光回線を複数の人で分けるため安くなります。

プロバイダ

次は、プロバイダ料です。光回線は上記でも述べたようにただ単に回線を繋いだだけでは利用できません。インターネットを繋げるためにはこのプロバイダが必要不可欠。このプロバイダと光回線は別々に契約するのが当たり前ではありましたが、最近では、両方をパックとして提供しているところもあります。

工事費

次は、工事費です。工事費は、光回線のケーブルを引くために必要となる料金です。光回線では、光ファイバーケーブルを自宅に引く必要があります。この工事費は大体2万~4万円ほどが相場。2~3年ほどかけて分割で支払うのが一般的です。

格安(安い)な光回線の選び方

ではここで、格安(安い)な光回線の選び方を紹介します。

月額料金の安さを確認する

一つ目の選び方は、月額料金の安さを確認することです。月額の料金は上で紹介した3つの料金を合算したものです。そのため、一つの料金だけを確認するのではなく、合算した料金がどれだけ安いかを確認することが重要となります。

回線工事の価格を確認する

二つ目の選び方は、回線工事の価格を確認することです。工事費は上記で述べたように大体2万円~4万円ほど。この金額を見て分かるように、契約先の光回線によって2万円ほどの差が生じます。2万円の差は大きいと感じる人も少なくありません。できるだけ、安い工事費を提示しているところを選ぶ方が得策です。

キャンペーンや特典を確認する

三つ目の選び方は、キャンペーンや特典を確認するということです。光回線の各プロバイダは、独自の特典やキャンペーンを実施しています。中には高額なキャッシュバックがあったり、スマホとセットで月額料金が安くなるものなど選ぶ特典やキャンペーンによってお得度も異なります。自分にあった特典やキャンペーンがあれば、それを基準に選ぶのもおすすめです。

光回線の料金を格安(安い)にする方法

格安な(安い)光回線の選び方を紹介したところで、ここからは、料金を安くする方法を紹介します。

契約している会社を変えない

まずは、契約している会社を変えないということです。もちろん、乗り換えをすれば料金を安くなる可能性はありますが、逆に会社を変えずに長く使い続けることで、料金がどんどん安くなる場合もあります。乗り換える際には、違約金や工事費など余計な負担がかかる場合があります。それらを失くすためには、契約している会社を変えないこと。この方法で回避することができです。

オプションを外す

続いては、オプションを外すという方法です。光回線を契約した場合、キャッシュバックをプレゼントする代わりにオプションを追加する、と言ったような条件が付いている場合があります。ですが、せっかくお得になるキャッシュバックを受け取ったとしても不必要なオプションで料金がかかってしまうため、余計に料金が上がってしまう可能性も。オプションが無料であれば問題ないですが、有料となるとその分無駄になります。ですので、必要のないオプションはできるだけ外すようにしましょう。

プランを見直す

続いては、プランの見直しです。他社と比べて高い料金を支払っていると感じたら、まず初めに料金を見直すことが大切。上記のように要らないオプションが入っていないかどうかなど、プランを見直すことで、料金をグッと抑えることに繋がります。

プロバイダだけでも変更する

続いては、プロバイダだけでも変更してみるという方法です。光回線自体を変えなくてもプロバイダのみ変えることは可能です。プロバイダは1,000円前後のものが多いのですが、例えば「BBエキサイト」であれば、500円で利用できたりします。さほど差はありませんが、長期的に契約すれば、その分お得になるというわけです。

他社のインターネットに切り替える

続いては、他社のインターネットに切り替えるという方法です。これは、光回線自体を切り替えるということです。例えば、フレッツ光を利用している場合はプロバイダ必要となります。ですが、So-netであればプロバイダ込みですので、その分料金が安くなります。このようにセットになっている光回線に切り替えることで、料金を安くしようというわけです。

格安(安い)光回線の乗り換え手順

ではここで、格安(安い)光回線への乗り換え手順を簡単に紹介します。

新しい光回線に申し込む

まずは、希望する光回線を選び、新しい光回線へ申し込みます。

工事を依頼して実施する

申し込みが済んだら、工事を依頼します。工事当日は立ち会いが必要となるため、注意してください。依頼をしたら、工事を実施してもらいます。

機器を接続して設定する

開通工事が終了したら、自分で機器を接続し、設定を行います。

今のネットを解約する

最後に、今まで利用していたネットを解約し、乗り換え完了となります。

格安(安い)光回線乗り換える前の注意点

ではここで、格安(安い)光回線へ乗り換える前の注意点を紹介します。

解約金

まずは、解約金です。光回線を更新月以外で解約を行うと解約金が発生します。また、契約して短期間で解約した場合は、違約金として解約金が発生します。そのため解約をする際は、更新日に解約をした方が、無駄な手数料を支払わずに済みます。

工事費

続いては、工事費です。工事費は、上記で述べたように分割で支払います。この工事費の残債があると、乗り換えることができなかったり、一括での支払いを要求されます。

オプションの解除

続いては、オプションの解除です。有料のオプションを付けていた場合、プロバイダを解約したからと言って一緒に解除できているとは限りません。オプションはプロバイダとは別に解除をする必要がある場合もあります。解除しないままにしておくと解除するまで、支払いを続けることになるため、気を付けましょう。

電話番号の引き継ぎ

続いては、電話番号の引継ぎです。電話番号は、転用や事業者変更で乗り換えを行った場合のみ、手続きなしで引き継ぐことができます。が、それ以外の場合は「アナログ戻し」を行わなければ電話番号の引き継ぎはできません。

格安(安い)な光回線

それでは最後に、格安(安い)な光回線を紹介します。

So-net光

So-netは、戸建てもマンションも最安値で利用できる光回線です。最安値である理由は、大幅な割引キャンペーンを実施しているから。この大幅割引キャンペーンは、3年間の契約でマンションであれば2,980円、戸建てであれば3,980円で利用できるというものです。他社と比較すると、平均で36,000円も安くなります。

en光

en光の最大の特徴は契約期間がないということです。契約期間がないということは、いつでも解約でき、尚且つ解約金を支払う必要もありません。他社のようなキャッシュバックはありませんが、月額料金も安く、高い解約金がないため、乗り換えも楽です。

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線。月額料金は平均的ではありますが、ドコモユーザーであれば、無条件でスマホ料金が1,000円割引になるセット割があります。工事費無料キャンペーンも行っているため、乗り換えもしやすいです。

nuro光

nuro光では、乗り換えに関わらず全員45,000円のキャッシュバックが受け取れます。また、nuro光は世界最速の通信速度を誇る光回線。動画を毎日観るという人にとっても、ストレスなくサクサクと視聴できます。さらに、ソフトバンクのユーザーであれば、スマホの月額料金が1,000円割引。家族皆がソフトバンクユーザーであれば、家族全員が割引対象です。

【まとめ】光回線を選ぶなら格安(安い)になる方法で

格安な(安い)光回線について紹介しました。光回線は、安い方が断然お得です。キャンペーンやセット割を利用することで、さらに料金を下げることは可能。色々な光回線と比較をして、どの光回線が安く契約できるのか、またどの光回線が自分に向いているのかを考えながら、ぜひ、光回線への乗り換えを検討してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。